援助先からの手紙

2015年4月 シエラレオネからのお便り

シエラレオネのシスターエリサとシスター吉田から、お便りと写真をいただきました。

友人の皆様、
 ついに待ちに待った学校再開の知らせを聞くことができました。政府は4月14日を全ての学校の門を開く日としました。そのニュースはまるで乾いた草に広がる火の様に口伝えで伝えられました。“Mamma Salone”は、9か月の閉鎖を余儀なくされましたが、苦しみのあとで再出発を願う子供達の為にもう一度開くこととなりました。キリストが荒れ野で宣教の準備をされたように、エボラに対しての最後の戦いの準備として国民は三日の断食と祈りを捧げました。学校に戻るという望みを叶えようとする子供達は、国の将来を担う最も重要な位置におかれています。
 
 今日、第一週を終えました。希望が満ちあふれていました!学校に通う為に色とりどりの制服を着た学生にあふれたLunsarの道を,私達は、子供達を思いやって下さる神へ限りない感謝を捧げながら幸せに眺めておりました。ピンクの制服の小さい子供達も、ブルーとワイン色の制服の女子生徒も、職業センターに通う女子学生も微笑みながら、再開した学校の門をくぐってきます。しかし私達皆が複雑な感情を持ちました。一方では、からの教室が再び生徒で満たされる喜び、他方では、こんなに多くの生徒の中には感染している者がいるのではないかという恐れです。
 
 数日前に、政府は,教育省、各地方の若者達、学生、ボランティア、その他の人々の協力を仰ぎ、学校を一校ずつ清掃していきました。学校は命をふきかえしました。ホース、シャベル,ほうきや雑巾を持った少年少女が大変楽しそうに学校にやって来て、草を刈り、床を掃除し、ごみを払い、テーブルやイスを教室から教室へと動かすなどして、皆の力が大きく実を結びました!
 
 学校再開の前日の13日の月曜日に、生徒にエボラの症状が出た場合に備えて、先生達は体温計の使い方、手の洗い方など安全対策の講習を受けました。皆、微笑みながら、これから始まるチャレンジを信じて受いれました。14日の火曜日には、街は少しずつ、学生で埋まって行きました。ある生徒達は学校に来ているのが自分だけではないかとこっそり近所の家の陰からのぞいていましたし、ある生徒はびくびくしながら門をくぐり、体温計をひたいに当てられて目を閉じていました。そうです、体温を計る事と手を洗う事は多くの公共施設での通常の行為でしたが、今回は新しい段階への通行書なのです。
 
 日を増すごとに生徒の数は増えて行きました。金曜日には全校生徒の60%が登校しました。安易な道ではありませんでした…長い間会えなかった友達同士が自然に抱き合うと、後ろから大人の「さわってはだめ」と言う声を聞いたり、小さい子達が一緒に遊んでいて同じ瓶から水を飲もうとすると「あげちゃだめ」と言われたりします。これからも困難な道が続くでしょう。互いに触れる事によって親しみを表していた人々に寄り添って、触れる事が凶器になるかもしれないという事を常に気づかせなければならないからです。両親や兄弟、姉妹をなくして人生の悲しみや虚しさのなかにいる人々の側に寄り添い、神は私達の父であり、愛と摂理のうちに私達を見守って下さるという事を教える事です。
 
 皆を代表して、この9か月の間、シレネのシモンのように私達とともに歩んで頂きました事、十分な食事と衣服をお送り頂きました事、トンネルを抜ける為の力を与えられるようにお祈り下さいました事、平安のうちにして下さったいろいろな事を感謝申し上げたいと思います。私達皆を愛して、ご自分の衣で私達を保護して下さるマリア様が、私達を永遠に導いて下さいますように。


シスター・エリサ・パディラ  シオラ・レオーネ
Sr.Elisa Padilla m.c.  Sierra Leone

シスター吉田のお手紙

中3の進級試験が今日、終わりました。

JOMASが援助しているOLG校の試験会場には、マリアイネス中学校、マリアイネス職業センター、マランパイスラミックの生徒が来て、一生懸命回答を書いていました。最後の科目が終わると、歌い踊り、喜びを爆発させて終了を祝っていました。

 

14日から、全校の授業が再開です。

うれしい半面、様々な混乱が予想されますし、エボラフリーになっていない状態での学校再開ですので、どうぞ続けてお祈りをお願致します。

Sr.吉田 m.c.Lunsar

シスターエリサのお手紙、原文

All Our Friends
At last the so long awaited news about the reopening of schools was
heard. 14th April was the day chosen by the Government to open the
gates of all the schools. The news passed from mouth to mouth like the
fire that spreads on the dry grass.. “Mamma Salone” after nine months
of suffering, was giving birth once more to children painfully
purified but eager to start afresh. As Jesus prepared himself in the
desert, the country was asked once more, to offer three days of
fasting and prayer in preparation to the last step in the fight
against ebola. Her children, the future of the country would be placed
in the forefront in an attempt to satisfy the desire of going back to
school.

Today we ended the first week. Hope was all that reigned in the
atmosphere!! Happily and with immense gratitude towards God that looks
after his own, we saw once more the streets of Lunsar being filled
with students dressed in their colourful uniforms going to school. Our
gates opened once more to receive the little ones wearing their pink
uniforms, the girls and adolescents dressed in blue and wine colour,
as well as the not so young female students walking with a smile on
their faces towards the vocational centre. There was in all of us a
mixture of feelings. On one hand the joy of filling once more the
empty classrooms and on the other the fear that among so many one
would be infected.

Few days earlier, the Government, together with the Ministry of
Education, young people from different localities, students,
volunteers, etc joined forces to clean one school after the other.
..Life has come back!! Boys and girls with hoes, shovels, brooms, and
a load of optimism entered our schools to cut the grass, sweep, dust,
carried tables and chairs from one class to another.. an intense force
bound us together.!!

 On Monday 13th, the day before the reopening, the teachers were
practicing the use of the thermometers, the washing of hands, the
security measures to be used in case a student presents synthoms of
ebola. All with a smile, determined to accept the challenge ahead of
us. On Tuesday 14th little by little the streets were filled with
students. Some peeped behind the houses to make sure they were not the
only ones coming to school; other crossed the gate walking shyly and
closing their eyes while feeling the thermometer close to their
foreheads. Yes, even though the taken of the temperature and the
washing of hands have been the usual procedure in many public places,
this time it was the pass to a new stage.

Day after day the number of students increased. On Friday 60% of the
student population attended classes. It has not been easy.. Friends
that had not seen each other for a long time and naturally hugged
themselves would hear the voice of the adult at their back “don’t
touch”; or the little ones playing together and sharing the water from
the same bottle being corrected “don’t share”. The task ahead is a
difficult one. It is to walk along constantly reminding those who use
to express their closeness by touching, that they can become a weapon
to the other. It is to walk close to those that lost parents, brothers
and sisters whose eyes reflect the sadness and emptiness of life that
there is a God who is a Father and who watches over us with love and
providence.

On behalf of each and everyone I want to say THANK YOU for having
walked with us like the Cirene during all these months. For having
offered sacrifices for us to have enough food and clothes to wear.;
For having prayed  for us to have the strength to go through the
tunnel. For all you did in the silence of your heart. Mary that covers
us with her mantle be for you all the loving Mother that guides you to
eternity.
Sr.Elisa Padilla m.c. Sierra Leone