海外で活躍する邦人宣教者を援助する団体です

海外邦人宣教者活動援助後援会(JOMAS)ホームページ

JOMASは1972年に活動を開始したNGO(民間活動団体)で、日本全国から寄せられた寄付金をもとに、アジア、アフリカ、南米諸国に定住するカトリック神父・修道女の方を介して辺境地域へ物資や資金を提供しています。

代表は作家の曽野綾子が創立から40年務めておりましたが、2012年6月よりシスター兄部純子が引き継ぎ、この度2018年3月より、同じ聖マリア修道女会のシスター高木好江が代表を引き継ぎました。

JOMASの活動方針は変わらず、志を同じくするスタッフが、無償の奉仕によって活動を支えております。

「人知れず慈善を積むをよし」をモットーに、とりたてて活動のPRはせず、縁あってJOMASの方針に賛同下さり、ご寄付下さいました会員の皆様とともに、地道な活動をさせていただいております。

このホームページにおいて、皆様方にJOMASの活動の様子を知っていただき、また、お問い合わせの窓口となりますよう、努力してまいります。

JOMASの名前の由来

この会の正式名称である【海外邦人宣教者活動援助後援会】は、活動の内容がそのまま一目瞭然でわかるネーミングではあるのですが、皆様にもっと親しみやすく、言いやすい通称として1987年より正式名称の英訳である(JAPAN Overseas Missionary Activity Sponsorship)の頭文字をとって「JOMAS」(ジョーマス)と名乗るようになりました。
「海外邦人宣教者活動援助後援会」と同じく「JOMAS」でもお問い合わせください。

シスター末吉と子供たち (カメルーン)
シスター末吉と子供たち (カメルーン)

お知らせ

2018年9月15日

皆様の援助先は…」を更新しました。
7月に決まった援助先を掲載しました。ぜひご覧ください。

2018年7月8日

援助先からの手紙」を更新しました。

フィリピンから届いた写真やメッセージを掲載しています。ぜひご覧ください。

2018年5月10日

2017年活動報告を更新しました。
2017年11月ネパール視察の記録です。皆様のご寄付がネパールの子供たちの教育機会創出に役立てられていました。ぜひご覧ください。

2018年3月29日

会員の皆様へ代表役員交代のお知らせ

いつもJOMASの活動へのご協力に心より感謝申し上げます。

JOMASは3月10日の理事会で、代表をシスター兄部純子から シスター高木好江へ交代いたしました。

シスター兄部は2012年6月に創始者の曽野綾子氏から代表を引き継ぎました。新代表のシスター高木はシスタ-兄部と同じ聖マリア修道女会の会員で、昨年フィリピンでの宣教を終えて帰国、3月にJOMAS代表の任務を引き継ぎました。

シスター高木の住所は下記の通りでございます。JOMASの住所も同じ住所に変更となります。

------------------------------

〒168-0063 東京都杉並区和泉2-41-23

聖マリア修道女会

------------------------------

 なお、JOMASへのご寄付を受け付けております口座番号は銀行、郵便局共に現行通りでございます。

皆様これからもお力添えの程、よろしくお願い申し上げます。

新代表 髙木好江からのご挨拶はこちら→

 

PICK UP

★倉橋神父様へのインタビューを掲載しています。
 ボリビアへの援助がどのように始まったのかをお話し下さいました。
 ぜひご覧ください。→ボリビア・倉橋神父様インタビュー

★1975年にアフリカに派遣されて依頼長年シエラレオネで奉仕されてきたシスター根岸が天に召された際の、曽野綾子氏によるシスター根岸の追悼文を2013年の活動報告に掲載しています。

曽野綾子氏による南スーダン視察記を掲載しています。
 月刊「新潮45」2013年8月号に掲載されたものを、特別に許可を得て掲載中。どうぞご覧ください。

 当サイトオリジナルの★曽野綾子氏の南スーダン視察記も掲載しています。

 

その他のお知らせ

2012年4月より、寄付振り込み先に新しくゆうちょ銀行もご利用いただけるようになりました。

三菱東京UFJ銀行もそのままご利用いただけます。

お問い合わせ

ご不明なことがございましたら

お問い合わせフォームからメッセージをお送りください