海外で活躍する邦人宣教者を援助する団体です

海外邦人宣教者活動援助後援会(JOMAS)ホームページ

 JOMASは1972年に活動を開始したNGO(民間活動団体)で、日本全国から寄せられた寄付金をもとに、アジア、アフリカ、南米諸国に定住するカトリック神父・修道女の方を介して辺境地域へ物資や資金を提供しています。
代表は作家の曾野綾子が創立から40年務めておりましたが、このたび
2012年6月より、シスター兄部純子が引き継ぎ、志を同じくする者が無償の奉仕によって活動を支えております。
「人知れず慈善を積むをよし」をモットーに、とりたてて活動のPRはせず、ホームページも持たず地道な活動をさせていただいてきましたが、このたび代表者の交代、および活動スタッフの次世代への移行に際してホームページを開設することになりました。
このホームページにおいて、皆様方にJOMASの活動の様子のご報告や、お問い合わせの窓口が開かれるようになればと思っております。

JOMASの名前の由来

この会の正式名称である【海外邦人宣教者活動援助後援会】は、活動の内容がそのまま一目瞭然でわかるネーミングではあるのですが、皆様にもっと親しみやすく、言いやすい通称として1987年より正式名称の英訳である(JAPAN Overseas Missionary Activity Sponsorship)の頭文字をとって「JOMAS」(ジョーマス)と名乗るようになりました。
「海外邦人宣教者活動援助後援会」と同じく「JOMAS」でもお問い合わせください。

シスター末吉と子供たち (カメルーン)
シスター末吉と子供たち (カメルーン)

お知らせ

2016年8月22日

皆様の援助先は…」を更新しました。
7月に決まった援助先を掲載しました。ぜひご覧ください。

2016年8月12日

援助先からの手紙」を更新しました。

マダガスカルとパキスタンからのお便りを新たに掲載しました。ぜひご覧ください。

2014年11月16日

2014年活動報告を更新しました。

ボリビア、オガールファティマにおけるイエスのカリタス修道女会の邦人シスター達がJOMASの推薦により、公益財団法人 社会貢献支援財団の平成26年度社会貢献者表彰の受賞者に決定いたしました。

詳細はこちら

2014年2月26日

倉橋神父様へのインタビューを掲載しました。ボリビアへの援助がどのように始まったのかをお話して下さいました。ぜひご覧ください。→ボリビア・倉橋神父様インタビュー

2013年12月6日

2013年活動報告を更新しました。

1975年にアフリカに派遣されて依頼長年シエラレオネで奉仕されてきたシスター根岸が天に召されました。曽野綾子氏によるシスター根岸の追悼文を活動報告に掲載、シスター根岸からの手紙を掲載いたしました。

2013年10月28日

曽野綾子氏による南スーダン視察記を掲載しました。
月刊「新潮45」2013年8月号に掲載されたものを、特別に許可を得て掲載しています。どうぞご覧ください。

2013年8月14日

その他のお知らせ

新代表 シスター兄部純子からのご挨拶の記事を更新いたしました

2012年4月より、寄付振り込み先に新しくゆうちょ銀行もご利用いただけるようになりました。

三菱東京UFJ銀行もそのままご利用いただけます。

お問い合わせ

ご不明なことがございましたら

お問い合わせフォームからメッセージをお送りください