活動報告 

2012年11月

紅葉が町並みや山々を彩り始めました。温かいご芳志有難うございます。

11月5日のスタッフ定例会で下記の様に援助先と額が決定されましたのでご報告いたします。

1.
インドケララ Kerala州Vypin島のSt.Raphaela Mary女子修道会
裁縫教室の為のミシン購入

2.
シェラレオネ マリアイネス学園
給料一部負担、クリスマスボーナス米
3.
フィリピン SMSFセンター「みこころの家幼稚園」
豆乳、豆腐プロジェクト
4. チャド 診療所・付属多目的ホール
薬品、機材購入、ホール建て替え
5. 東日本大震災被災者支援 
社会福祉法人燦々会
知的障害者施設リビングダイニング建設費用

2012年9月

猛暑の夏をお障りなくお過ごしいでらっしゃいましたか? 

9月10日にスタッフが集い新たな援助先が決まりました。皆様のお陰で多くの人達が人間らしく生活を続けられる事を感謝いたします。

  

1.    マダガスカル        アベマリア産院 ミルク代 

                    看護婦実習渡航費       

2.    ネパール           3つの保育園先生の給料  

3.    パキスタン          産院刷新費用、(看板,等)

4.ボリビア             重度心身障害児施設 

                    (オガールサンホセ)医師年間支払、薬品、栄養補助

5.ボリビア             重度心身障害児施設 

                    (オガールテレサデロスアンデス)薬品、栄養補助

                    専門医診療、職員給料、ガソリン代

6.RDコンゴ            キンケンダ病院  

                    発電機、治療用食糧、薬品代 

政治力の弱い社会は、不安定な世情によって人々が生活に困窮するのは世界中共通のようです。

私達の善意が微力でも世に平和をもたらす力となりますように。             代表兄部純子

2012年7月

7月9日にスタッフが集い新たな援助先が決まりました。                
1.コンゴ、ブラザビル   
  職業養成専門学校 コンピューター20台と付属器具
2.マダガスカル        

  アヴェマリア産院   レントゲン機械一式 
3.シエラレオネ         
  マリアイネス職業センター   生徒教材費
4.ペルー            
  日系人専用老人ホーム    年間経費不足分

 

今回、マダガスカルにレントゲン機械を設置できることで、
治療体制が集中的に向上することを喜びあいました。
インドからご帰国中のSr.中出、40数年のコンゴでの
ミッションを終えて帰国されたSr.中村からお話を伺いました。

2012年6月

6月4日の運営委員会で次の援助先が決まりました。

1)フィリピン  フランシスカンデフセンター

  コンピューターラボ、聾唖学生奨学金         

2)ボリビア   オガールファテイマ乳児院

  乳幼児用粉ミルク                   

3)パキスタン   聖ラファエル病院

  「貧しい妊婦の出産補助金」               

4)フィリピン 

街中に住む不法定住の子供への奨学金   

 

6月6日に40周年を迎え、改めて皆様の善意とご協力に感謝をいたしました。

新体制に引き継がれてホームページを通して新しいニュースを送らせて頂いております。

フィリピン、デフセンターの子供たちの様子もご覧頂けるでしょう。            

 

                                        2012611日 代表 兄部純子

2012年5月

  322日の運営委員会で下記の様に援助先が決定されました。

1) ボリビア     母子寮付属幼稚園、保育園の事務所兼受付増築費用                        

2)カメルーン      ピグミーの子供達の教育費                                        

3)フィリピン      カトリックセンター奨学金、リーダーシップセミナー、図書年間費用         

4)マダガスカル  ベレープの中学校建設費用と備品代                                     

5)チャド         ギダリの貧しい家庭の子供を受け入れる小学校建設費用                                                                                                            

曽野先生が築かれたJOMASの精神をスタッフと共にしっかり受け継ぎながら、援助を待つ人達に

皆様の寛大なお心を届ける努力を重ねてまいります。今後ともご協力のほど、よろしくお願い申しあげます。

                                                            20125月 代表 兄部純子